トップ | 樹木医のサポート・お庭のメンテナンス

樹木医のサポート・お庭のメンテナンス

剪定・お手入れ〜安心安全の庭づくりまで

お庭の空間は限られています。樹木が成長するにつれて、狭く感じたりうっとおしく感じたりもします。お庭やお庭まわりで心地よく、快適にお過ごしいただくには剪定・お手入れなどの定期的な管理が必要になります。また、近年の異常気象による影響を考えて、倒木のおそれのある危険木の診断など樹木医が安心安全にお過ごしいただくお庭をサポートいたします。

剪定・お手入れ・芝生管理

樹木は樹種、植えた場所によって生育が変わります。剪定は枝葉の伸長量・樹勢に応じて、切り具合の程度で雰囲気が変わってきます。もう少し小さくしてほしい、目隠しの場所は切らないで、などの微妙なニュアンスに対応させていただくためにできるだけご在宅時に作業を行います。お客様とのコミュニケーションのやり取りで剪定を進めてまいります。

剪定事例の写真

芝草刈・竹林管理

剪定作業時にお庭の草取りもご要望がありましたら行います。また、広い土地の場合は草刈り機による作業を行っています。竹の繁茂でお困りの方には竹林の伐採や粉砕機を使った処理を行います。

 

消毒・松枯れ予防

原則消毒は最小限に留める管理が望ましいと判断しますが、人体日被害を及ぼすツバキなどにつくチャドクガや様々な樹木を食害するイラガの幼虫は消毒で駆除することが必要です。弊社では剪定時に合わせて消毒を行い、原則消毒だけの作業はお受けしておりませんのでご了承ください。松枯れから守るためには毎年の適切な時期の消毒もしくは樹幹注入剤による方法があります。

消毒・松枯れ対策の写真

樹勢回復(樹木医担当)

樹木は環境や管理の仕方によって生育が変わります。大切な樹木に枝枯れが目立つようになった、花が咲かなくなったなど気になる症状が現れましたらご相談ください。現在の状況と原因を診断いたします。時期によって処置方法が変わりますが、基本は根系の伸長を促す土壌環境の改善を中心に行います。


治療前(ウメ)
防府市M様邸

1年後
防府市M様邸

防災対策(危険木診断)

樹木は樹齢が増すごとに樹体構造に変化が現れます。幹の内部が腐り、外周部分だけで筒状の状態で生育する樹木もあります。ウメ、マツ、サルスベリ、イチョウなどで見受けられます。このような樹木は台風や強風により倒木の危険性があります。また、大きく育った樹木は強風によって傾く可能性があります。その対策として支柱で補強する、風が通りやすい樹形に剪定するなどの処置が必要になります。

伐採事例の写真